化石やVR…太古の世界体験 県立博物館「大恐竜展」始まる

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
家族連れらでにぎわう大恐竜展
家族連れらでにぎわう大恐竜展

 国内で見つかった化石や復元模型から恐竜の世界を体感する「大恐竜展秋田―生命の鼓動を感じて―」が23日、秋田市金足の県立博物館で始まった。AKT秋田テレビと同館でつくる実行委員会の主催。8月28日まで。

 実物の化石と併せ、恐竜の誕生から絶滅までの歴史などをパネルで解説。ティラノサウルスを模したロボットや、恐竜模型の第一人者として知られる造形作家・荒木一成さんが制作した模型など約90点が並ぶ。恐竜の世界を迫力ある振動や音で感じられる仮想現実(VR)体験(有料)コーナーもある。

お気に入りに登録
シェアする

イベントニュース