攻守本領、集中打で加点 能代松陽、11年ぶり甲子園へ

有料会員向け記事

 バッテリーを中心に粘り強く守り、集中打で畳みかける打線が決勝でも本領を発揮した。準々決勝から3試合連続の逆転勝ち。2011年以来となる聖地への扉を開いた。

能代松陽が4度目の甲子園 現校名では初

 1点を追う二回2死二塁で加賀谷恭(3年)は直球に狙いを絞り、同点の右前打を放った。「外角を大振りせずに当てたら運よく落ちてくれた」。三回には4安打を集中し、2点を挙げて逆転した。

 だが五回、全試合で先発してきたエース三浦凌輔(同)が制球を乱し攻め込まれた。同点とされ、なおも2死三塁で捕手の田中元輝主将(同)がマウンドへ。「甘い球を打たれていたので“コースに丁寧に投げろ”と」。三浦は気合を入れ直し、逆転を許さず踏みとどまった。

 その裏、2番紀本知希(同)と田中の連打などで1死二、三塁。続く椛澤心文(ここや、同)の初球だった。秋田南の右腕中山蓮翔(3年)が暴投し、球がバックネットへ転がった。紀本に続き、二走の田中が「ボールが高く弾んでいたので行けると思った」と一気に本塁を突いて2点を勝ち越した。さらに加賀谷の左前打で3点差とした。

5回裏2死二塁、能代松陽の加賀谷が左前適時打を放つ

 バッテリーは相手打線が直球に強いと分析。速い変化球でバットの芯を外し、……

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース