安倍氏死去「真正面から受け止められない」 湯沢市出身の菅前首相

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
安倍晋三元首相への思いや今後の政治活動について語る菅義偉前首相
安倍晋三元首相への思いや今後の政治活動について語る菅義偉前首相

 秋田県湯沢市秋ノ宮出身の菅義偉前首相が21日、東京・永田町の衆院第2議員会館で秋田魁新報社の取材に応じた。政策勉強会の発足がいつになるのか注目が集まる中、「政策課題ごとに有志が集まって活動するのが望ましい」と述べ、派閥化には従来通り否定的な見解を示した。銃撃事件で死去した安倍晋三元首相については「亡くなったことを真正面から受け止められない。残念で悔しい」と悲しみをあらわにした。

派閥否定、政策で結集が「望ましい」


 菅氏は首相経験者として存在感と人気を保ち、参院選でも応援弁士として各地を奔走。無派閥を中心に菅氏を支持する議員らが勉強会発足の準備を進めており、昨年9月の自民党総裁選で菅氏の支援を受けた河野太郎前行革担当相や、小泉進次郎前環境相も勉強会に参加する意向を示していた。ただ銃撃事件の発生もあり、発足は当面先送りされる見通しだ。

 勉強会は派閥結成に向けた動きと見なされ得ることから、動向への関心が高まっている。菅氏は「私は派閥政治を否定してきた」と述べ、派閥やグループをつくる考えがないことを強調。一方で、9月までに行われる見通しの内閣改造・党役員人事などを見据え、「無派閥の人が不利益を被らないように応援したい」と語った。

 自身は首相在任中に掲げた、温室効果ガス排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラルや、行政の縦割り打破などに引き続き取り組んでいくとした。

 22日で2週間となる安倍氏の死去を巡り、……

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

関連ニュース

秋田の最新ニュース