明桜・石田恋「終わった気がしない」 相手校歌聞き負け実感

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
準決勝で敗れ、肩を落とす明桜の選手
準決勝で敗れ、肩を落とす明桜の選手

 昨夏の覇者、第2シードとして安定した試合運びで勝ち上がり、2年連続の甲子園出場へ視界良好だった明桜。2点を追う九回2死一塁、石田恋主将(3年)の打球は遊撃手のグラブに収まり、二塁封殺となった。最後の打者になった石田恋は「終わった気がしなかった」。球場に響き渡る秋田南の校歌が耳に入ると、ようやく「負けたんだ」と実感が湧いた。

能代松陽、秋田南が決勝進出 夏の高校野球秋田大会

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース