名品を間近で、サントリー美術館名品展開幕 県立近代美術館

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
華やかな屏風絵や工芸品などが並ぶ名品展
華やかな屏風絵や工芸品などが並ぶ名品展

 東京・六本木のサントリー美術館が収蔵するコレクションを紹介する名品展が16日、横手市の県立近代美術館で始まった。江戸期に活躍した絵師の池大雅や円山応挙、フランスのガラス工芸作家エミール・ガレの作品など計約50点を、前期(8月16日まで)と後期(18日~9月11日)に分けて展示する。

 旧秋田藩主佐竹家が所有した重要文化財「佐竹本・三十六歌仙絵 源順(みなもとのしたごう)」は、紀貫之や小野小町ら和歌の名人36人の肖像や詠歌が記され、大正期に分割して売却された絵巻の一部。平安中期に活躍した源順が、笏(しゃく)を持つ手に頬を当て歌想を練る姿が描かれている。前期のみの展示。

お気に入りに登録
シェアする

イベントニュース