第2シード明桜、盤石の試合運び 北鷹、序盤の失点重く

会員向け記事

 第2シード明桜は一、三回に打者一巡の攻撃を見せるなど13得点。投手陣も無得点に抑え、盤石の試合運びで準決勝に駒を進めた。

 2度の猛攻はいずれも長打がなく、単打に四球を絡める「つなぐ野球」で6点。低く強い打球を徹底し、大振りをしないことで選球眼もよくなっている。輿石重弘監督は「新チーム結成時から積み上げてきたものが結果に表れている」と手応えを口にした。

【明桜-秋田北鷹】1回表2死満塁、明桜・吉野が左前へ2点適時打を放ち、6―0とする

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース