能代科技バスケ復活へ、ハピネッツ長谷川が定期指導 「僕をたくさん頼って」

有料会員向け記事

練習前のミーティングでチームの約束事を確認する長谷川選手

 名門復活へ現役Bリーガーが立ち上がった。バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)秋田ノーザンハピネッツのガード長谷川暢(のぼる)選手(25)=旧能代工高出=が今月、能代市の能代科学技術高校バスケットボール部のテクニカルアドバイザーに就任した。「もう一度全国で勝つチームになるきっかけをつくりたい」と意気込んでいる。

 「俺をたくさん頼ってほしい。B1での経験をみんなに直接伝えたい」

 今月7日の午後、能代科学技術高体育館。アドバイザー就任後、初めて練習に臨んだ長谷川選手は約30人の部員を前に力強く語った。26日に始まる全国高校総体(インターハイ)を見据え、チームの約束事をホワイトボードに書き出し、「『良い習慣と準備』『徹底と継続』を大切にしよう」と呼び掛けた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース