明桜、金足農寄せ付けず 相庭が快投、公式戦初完封

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
【明桜―金足農】4安打に完封した明桜の相庭
【明桜―金足農】4安打に完封した明桜の相庭

 明桜は序盤から投打がかみ合い、金足農を寄せ付けなかった。一回に暴投で1点を先制。四回は猪原の犠飛、五回は石田恋が中前適時打を放つなど着実に加点した。先発相庭は制球がさえ、4安打に完封した。

 金足農は打線が抑えられ、投手陣も踏ん張れなかった。

湯沢翔北と明桜が8強入り 高校野球秋田大会

 したたかな戦いぶりだった。明桜は積極走塁で好機を広げて得点。背番号10の相庭立稀(3年)が4安打に完封した。公式戦初完封に「仲間を信じて投げ切ることができた」と淡々と振り返った。

速報・試合日程・結果はこちら|秋田魁新報電子版

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース