「やっぱり球場がいい」 高校野球秋田大会、3年ぶり有観客

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
チケット売り場に並ぶ来場者=秋田市のこまちスタジアム
チケット売り場に並ぶ来場者=秋田市のこまちスタジアム

 秋田市のこまちスタジアムなど県内4球場で8日、第104回全国高校野球選手権秋田大会が開幕した。新型コロナウイルスの感染対策を講じた上で、3年ぶりに1回戦から有観客での開催。各球場には熱戦を待ちわびたOBや高校野球ファンが訪れた。

 昨年は1、2回戦の入場は部員の保護者や家族、在校生に限られたものの、今年は開幕と同時に一般入場も可能とした。十和田―新屋、大館国際―秋田高専の2試合が行われたこまちスタジアムでは、バックネット裏を中心に観客が試合を見守った。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース