歩行者天国の広小路にどっと人の波 「バザール」にぎわう

会員向け記事
お気に入りに登録

 歩行者天国にした秋田市中心部の広小路に、飲食や物販などの63店が並ぶ「広小路バザール」が3日、開かれた。抜けるような青空の下、家族連れや友人グループなど大勢の人でにぎわった。

多くの人でにぎわった広小路バザール


 市街地活性化を目指し秋田商工会議所や商業者団体などでつくる実行委員会が主催し、昨年10月に続き2回目。

 アトリオン近くの久保田町交差点から木内百貨店前の交差点までと、中土橋からあきた芸術劇場ミルハス前までを通行止めとして会場を設営。県内各地の飲食店や雑貨店、キッチンカーなど63店が個性豊かなブースを並べた。

昼時に焼きそばを購入する男性客


 この日は気温が上昇し、アイスやかき氷などの冷菓を販売する店舗には行列ができた。お目当てのグルメを楽しもうとする人や、農産物や園芸品などをじっくりと品定めする人の姿も見られた。

同じジャンルのニュース