時代を語る・工藤雄一(14)授業は実験と対話で

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
授業の中心に据えたのは対話。黒板の前で生徒に考えを説明させることもあった
授業の中心に据えたのは対話。黒板の前で生徒に考えを説明させることもあった

 秋田大学の教授の勧めで昭和38(1963)年4月、聖霊高校に勤務することになりました。教えるのは物理と数学です。

 知識があるとはいえ、それを生徒にどう伝えたらいいのか。最初のうちは苦労した記憶があります。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース