秋田県チーム、初日は1勝1敗 東北6県将棋、青森で開幕

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
青森戦で白熱した戦いを繰り広げる納谷五段(左)
青森戦で白熱した戦いを繰り広げる納谷五段(左)

 第65回東北6県将棋大会(秋田魁新報社など東北5新聞社主催)が2日、青森市のホテル青森で2日間の日程で始まった。各県が3人の選抜チームを編成し、総当たりのリーグ戦で対局。初日は2回戦まで行った。福島が2勝、秋田、宮城、山形、青森が1勝1敗、岩手が2敗となっている。

 本県チームは大将・鈴木勝裕五段(45)=秋田市、副将・佐藤弘康五段(45)=由利本荘市、先鋒・納谷瑛志五段(24)=秋田市=の布陣。

秋田の最新ニュース