学童野球県大会、準決勝を振り返る 決勝は脇一潟西VS旭栄

有料会員向け記事

 

▽準決勝 脇一潟西6―0本荘東

 投打がかみ合った脇一潟西が、本荘東を寄せ付けなかった。

 二回、脇一潟西は2死満塁から伊藤、小貫の連続適時打で3点を先制。三、五回は加藤瑠の犠飛などで着実に加点した。先発鈴木は制球がさえ、5回を1安打無失点に抑えた。

 ▽準決勝 旭栄1―0神岡

 旭栄が少ないチャンスをものにし、4投手の小刻みなリレーで完封した。

 旭栄は五回、鶴田遼の左前打と死球で1死一、二塁とし、松川の中前打で均衡を破った。六回に1死満塁のピンチを迎えたが、高橋天が2者連続三振に取り、試合を締めくくった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース