大館市が「思いやり型返礼品」 フードバンクに提供など

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県大館市は1日、ふるさと納税の寄付者が返礼品を市内のフードバンクに提供できる取り組みを始めた。このほか、障害者施設などで製造した品を通常の返礼品としてPRするなど、返礼品を障害者や生活困窮者らの支援に積極的に活用する取り組みを進めている。

 ◇  ◇

比内地鶏炊き込みごはん(大館市提供)

 ふるさと納税仲介サイト「ふるさとチョイス」を運営するトラストバンク(東京)と岩手県北上市、前橋市が連携して立ち上げた、思いやり型返礼品プロジェクト「きふと、」の一環。「自分のためでなく誰かのために返礼品を」と呼びかけているプロジェクトで、現在は114自治体が参画している。

秋田の最新ニュース