あきた参院選・争点に迫る(4)人口減少 労働力不足に危機感 デジタル技術へ活路

有料会員向け記事

派遣先の栗駒山荘で働く地域づくり事業協同組合の男性従業員。東成瀬村では人口減による労働力不足が深刻になっている

 農事組合法人、宿泊施設、スキー場…。東成瀬村地域づくり事業協同組合は、労働力不足に悩む村内のこうした事業所に、組合従業員を派遣している。人手不足の背景にあるのは歯止めのかからない人口減だ。

 現在の組合従業員は30~50代の4人。地元の事業所から依頼を受けて繁忙期に派遣され、年間を通じて複数の仕事に当たる。「あらゆる業種で人手不足が深刻化している。このままでは地域が疲弊する」。組合の尾形新一代表理事(63)は村の現状にこう危機感を募らせる。

お気に入りに登録
シェアする

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース