あきた参院選・争点に迫る(1)物価高 企業努力「もう限界」 長期化見据え対策を

有料会員向け記事

 参院選秋田県選挙区で6人の候補者が論戦を展開している。争点となっている物価高対応、脱炭素化を通じた経済振興、農業、人口減、安保政策について県内の声を拾い、実情に迫った。

 ◇  ◇

 「政府は簡単に小麦の売り渡し価格の値上げを決めないでほしい。苦しむのは、消費者と直接向き合う私たちのような業者だ」

 秋田市山王のパン・洋菓子店「パティスリー・ドゥ・フィーユ」の清水英博社長(58)は止まらぬ物価高に、こうため息を漏らす。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース