子どもの誘拐予告、県内10市町村にも届く 全国で多発

会員向け記事
お気に入りに登録

 子どもの誘拐を予告するメールが全国の自治体に相次ぐ中、同様の不審なメールや自治体ホームページ(HP)への投稿が27日までに秋田県内の少なくとも10市町村に届いていたことが、秋田魁新報の調べで分かった。実際の被害は確認されていない。

 各市町村によると、メールや投稿は17日の午後5時半から6時ごろにかけて集中して寄せられた。HPにある問い合わせ専用フォームへの投稿や、実在する部署のメールアドレス宛てで、ほとんどが「20日に帰宅途中の幼稚園児や女子小学生を334人誘拐する」という内容だった。差出人に男性とみられる名前が書かれた場合が多かった。

秋田の最新ニュース