若者のミカタ:見えてきたもの 取材後記(上)第1部~第3部

有料会員向け記事

 若者の価値観(見方)を知り、若者の挑戦を後押し(味方)することで秋田の未来を切り開く道を探ろうと、元日から始まった連載「若者のミカタ」。第7部はこれまでの各部のテーマを、取材班が連載に登場した若者と振り返る。秋田に暮らす私たちに何ができるのか、見えてきたものを伝えます。

 ◇  ◇

第1部・女性が生きやすい秋田に おかしければ声上げよう

 なぜ秋田県からこれほど若者が流出するのか。仕事や所得だけでは説明できない理由があるのではないか。そんな疑問に一つの答えを示してくれたのが、シンクタンク「LIFULL HOME’S総研」(東京)がまとめたリポートだった。

 リポートは、性別による無意識の偏見(アンコンシャスバイアス)や強すぎる上下関係といった地域の不寛容さが、人口の社会減と密接に関連していると分析。本県の寛容性は全国最低レベルで、特に若い女性による評価が低かった。

お気に入りに登録
シェアする

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース