遠い風近い風[藤田俊太郎]舞台は観客とともに

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 ミュージカル「ジャージー・ボーイズ」は、2005年に米ブロードウェーで開幕し、その後、様々な国・言語で上演を重ねている。14年には、クリント・イーストウッド監督によって映画化された。日本版は16年、東京シアタークリエにて初演を迎えた。

 演出は私が担当した。ノンレプリカといって、脚本や音楽のみをライセンスする形式で、上演に向け、数年かけて準備をした。当初は、名誉ある仕事に大きな喜びでいっぱいだったが、プレッシャーも感じていた。世界中で評価され、映画も大ヒットした作品だ。どのようにアプローチして良いのか、すぐには思い浮かばなかった。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース