時代を語る・工藤雄一(5)ラジオ作りにはまる

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
3球ラジオに使う真空管
3球ラジオに使う真空管

 小学校4年生の夏休みに、秋田大学の付属小学校体育館で鉱石ラジオの製作講習会が開かれました。父が参加してみろと言います。鉱石ラジオなんて聞いたこともありませんでしたが、行ってみました。会場では材料が用意されていて、それをもらって組み立てました。

 鉱石ラジオはコイルとバリアブルコンデンサー、鉱石検波器という三つの部品で作ります。それにエナメル線でアンテナとアースをつなぐと完成です。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース