秋商・佐藤杏樹、U17世界レスリングに出場 来月ローマで開催

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 レスリング女子の佐藤杏樹(17)=秋田商高3年=が、7月25日にイタリア・ローマで開幕するU17(17歳以下)世界選手権65キロ級に挑む。幼少期から身に付けてきた基本に忠実な正攻法で勝負するスタイルが実を結び着実に成長。初の国際舞台に、本県で磨いてきたレスリングをぶつける。

U17世界選手権に向け練習する佐藤(右)。真っ向勝負で大舞台に挑む=秋田市の秋田商高


 4月のJOCジュニアオリンピックカップ・ジュニアクイーンズカップ選手権(東京)U17の部65キロ級で、初めて全国の頂点に立ってU17世界選手権の切符をつかんだ。5人の高校生が争ったトーナメントで、初戦は26秒でアンクルホールドを決めてテクニカルフォール勝ち。

冷静に判断、接戦制す

 決勝は、昨年の全国高校総体(インターハイ)68キロ級王者を準決勝で破った選手と対戦。第1ラウンド、30秒で右足にタックルして倒し、背後を取って2点を先制した。第2ラウンドは点差を守り抜く作戦を取り、残り43秒で消極的と判定されて1点を失ったが逃げ切った。

同じジャンルのニュース