フェンシング伊藤、W杯銅手に二ツ井へ帰郷 パリ五輪に意欲

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
W杯ジョージア大会の銅メダルを手にする伊藤選手
W杯ジョージア大会の銅メダルを手にする伊藤選手

 5月にジョージアで開かれたフェンシングのワールドカップ(W杯)男子エペ個人で銅メダルを獲得した秋田県能代市二ツ井町出身の伊藤心(いのち)選手(32)=二ツ井高―中大出、佐賀県スポーツ協会=が帰郷し、21日に市スポーツ協会関係者らに喜びや感謝を伝えた。伊藤選手は「なかなか成績を残せない間も支援してくれたのは秋田県や能代市の方々であり、感謝している。メダルを持って帰ってこられて良かった」と話した。

同じジャンルのニュース