吉田輝星「本当は疲れていたが、応援で体力以上のものを出せた」

有料会員向け記事

吉田輝星投手、秋田凱旋登板 試合後の一問一答

 プロ野球日本ハムの吉田輝星投手(21)=金足農高出=が21日、秋田市のこまちスタジアムでの楽天戦でプロ入り後初めて凱旋(がいせん)登板した。結果は4回1/3を投げ4安打2失点で、負け投手に。悔しさが残る結果となったが、先発ローテーション定着を目指す4年目の右腕は一定の手応えも得た様子。試合後の取材の一問一答は以下の通り。

5回途中で降板する日本ハム・吉田=こまちスタジアム


 ―地元秋田での登板を終えて、改めて今の気持ちは。

 最後あと二つアウトを取って自分で無失点に抑えたかった。(前回先発の)甲子園(での阪神戦)でも3イニングしか投げられず、(今季は)ずっと中継ぎをやってきたので、五回を投げ切れるかという不安も少しあった。マウンドに上がる時にたくさんの声援があって、本当は三回くらいに疲れていたが、応援のおかげで体力以上のものを出すことができた。

 ―球場入りの時からファンの数がすごかった。

 チームとしてはビジターなので、(高校時代の)甲子園の時みたいな声援はもらえないと思っていたが、すごい声援をもらって、勝ちたかった。四、五回あたりは今季経験していない領域なので、声援が後押ししてくれた。

3回、二盗を阻止した捕手宇佐見とタッチを交わす吉田


 ―試合の入りとしては落ち着いていて、序盤はいい感じで投げているように見えた。感覚的にはどうだった。

 先頭打者を簡単に打ち取れたのはすごく良かった。失点した五回は先頭を出してしまったので。序盤はうまく球数を抑えながら、直球中心に見せた。この前(前回先発時)よりは次の打席を想定した組み立てができた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース