誘致企業のコールセンター1年で撤退 北秋田市、17人解雇

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県北秋田市の誘致企業として昨年3月に開設したコールセンターが1年で撤退し、市は開会中の市議会6月定例会に関連の雇用奨励金210万円と事業所賃借料助成金120万円を減額した一般会計補正予算案を提出した。

 撤退したのは、コールセンター事業を手がける「ディグロス」(東京)。市によると、同市栄のイオンタウン鷹巣に昨年3月設けた事業所にはパートを含め最大27人が勤務し、閉鎖時は23人だった。うち17人が解雇され、6人はリモートワークでコールセンター業務を続けている。

秋田の最新ニュース