県産サクランボ「平年の4割高」 卸売市場で初競り

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
湯沢市三関産と横手市増田産の「佐藤錦」が並んだサクランボの競り
湯沢市三関産と横手市増田産の「佐藤錦」が並んだサクランボの競り

 秋田県産サクランボの競りが21日、秋田市外旭川の市公設地方卸売市場で始まり、湯沢市三関産と横手市増田産のサクランボ「佐藤錦」計200ケース余りが競り落とされた。

 競りは午前5時45分に開始。つやつやと赤色に輝くサクランボが入ったケースを前に、仲卸業者らは指で素早く値段を示す合図を送った。それを見た競り人が威勢よく数字を読み上げ、10分足らずで次々と売買が成立していった。

秋田の最新ニュース