池田修三さん生家寄贈の2作品初公開 生誕100周年企画展

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県にかほ市象潟町出身の木版画家・池田修三さん(1922~2004年)の生誕100周年を記念した企画展「暮らしを彩る木版画」が、同市の象潟郷土資料館で開かれている。木版画家となって以降の半生をたどる形で約80点を展示し、池田さんの作品に懸けた思いを感じることができる。

 高校の美術教師を辞め、東京で木版画家となった1955年ごろの作品から、晩年の2004年までの作品を展示。子どもや花を描いたメルヘン調の作品のほか、象潟町の風景、海や夕暮れ、棚田をテーマにした風景画が並ぶ。

池田さんの作品約80点が並ぶ企画展

イベントニュース