歌や踊り来場者魅了 「あきた民謡祭」に70人出演

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
伸びやかな歌声を響かせる小野花子さん
伸びやかな歌声を響かせる小野花子さん

 民謡全国大会の優勝者や民舞団体が出演する「あきた民謡祭」が18日、秋田市文化会館で開かれた。多くの来場者を前に、出演者計約70人が伸びやかな歌声や華麗な踊りを披露した。

 全国大会の優勝者が登場した第1部と民舞団体による第2部、全出演者が共演した第3部で構成した。

 第1部では小野花子さんや王藤(おうとう)正蔵さんら9人が、「秋田タント節」「秋田追分」などをそれぞれ披露。第2部は民舞団体「高橋キヌ子社中」(仙北市)が、笛や太鼓に合わせて「拳囃子(ばやし)」「二本竹」などを優雅に踊った。来場者は手拍子をしたり、1曲ごとに大きな拍手を送ったりして伝統芸能を堪能した。

秋田の最新ニュース