県内2空港、5月の利用大幅増 移動制限ないGWなど要因

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
秋田空港(資料写真)
秋田空港(資料写真)

 秋田県は15日、5月の秋田、大館能代両空港の利用者数を発表した。秋田空港は前年同月比215・8%(4万6675人)増の6万8305人、大館能代空港は376・3%(7101人)増の8988人となり、いずれも大幅に増えた。

 3年ぶりに移動制限のない大型連休となったことに加えて、日本航空の秋田空港発着便が2年ぶりに全便運航となり、全日本空輸の大館能代空港発着羽田線で3往復運航がスタートしたことなどが影響したとみられる。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース