井川町、全世帯に1万円交付へ 燃料費高騰受け生活支援

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県井川町議会は14日、6月定例会を開会した。提出案件は燃料費高騰を受けた家計や農家への支援金支給事業費を盛り込んだ22年度一般会計補正予算案など12件。このうち、損害賠償の和解案など4件を承認した。会期は17日まで。

 補正予算案は1億580万円で、累計31億2880万円。燃料費高騰対策は、生活支援として1世帯当たり1万円を交付する事業に1550万円、農家への支援事業費に778万円を計上。米農家の場合、主食用米の目標作付面積10アール当たり千円を支給する。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース