旧文通費、使途公開先送り 自民「参院選後に再協議」

 自民党の高木毅国対委員長は14日、国会議員に支給される「調査研究広報滞在費」(旧・文書通信交通滞在費)の見直しを巡り、今国会では使途公開などを実現する法改正を先送りする考えを記者団に示した。「各党で真摯に議論したが結論を得られなかった」と語り、夏の参院選後に再協議するとした。改革に消極的だとして、野党が反発するのは必至だ。

 高木氏は自民、公明両党の幹部会合でも、こうした考えを伝えた。

 これに先立ち、日本維新の会の馬場伸幸共同代表は14日、細田博之衆院議長を国会内に訪ね、使途公開に関する自民の対応が後ろ向きだと訴えた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。