吉田輝星「中継ぎのイメージで…」 打者2巡目、踏ん張れず

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
3回4失点で敗戦投手となった日本ハム・吉田=甲子園
3回4失点で敗戦投手となった日本ハム・吉田=甲子園

 2018年夏、金足農高時代に準優勝を果たした思い出の甲子園で先発した日本ハムの吉田輝星は3回4失点と輝けなかった。今季は主に救援を担い、この日も「中継ぎのイメージで投げていたので、先発みたいに伏線を張るような投球じゃなかった」。相手打線が2巡目に入った三回に直球を狙われ、大山の3ランなどで4点を失って今季初黒星を喫した。

吉田輝星、甲子園で公式戦初登板 今季初黒星

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース