秋田市、プレミアム商品券販売へ 8千円で1万円分

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市議会の6月定例会は2日、開会した。提出案件は22年度一般会計補正予算案など32件。このうち、住民税非課税世帯向けの臨時特別給付金事業費などを盛り込んだ補正予算案1件を可決した。会期は27日まで。

 穂積志市長は市長説明で、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けている市内事業者らを支援するため、プレミアム付き商品券10億円分を25日から販売、利用開始すると説明した。1万円分を8千円で販売するとし、「有効期間は12月末。利用可能店舗の拡充を図るなど、一層の消費喚起に取り組む」と述べた。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース