日本郵船、マッチングセミナー開催 70社が取引機会探る

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
日本郵船が県内企業を対象に開いたマッチングセミナー
日本郵船が県内企業を対象に開いたマッチングセミナー

 海運大手の日本郵船(東京)は30日、秋田市で開いた秋田支店開所式に先立ち、県内企業を対象としたマッチングセミナーを行った。日本郵船を含むグループ10社が、それぞれの事業概要や優先する取り組みを説明。県内約70社から130人余りが参加し、セミナーや個別商談を通じて取引機会の拡大を探った。

 日本郵船の横山勉・グリーンビジネスグループ長は、脱炭素に向けた取り組みを紹介。本県関係で洋上風力発電の関連事業については、欧州企業と連携し、地質調査船や建設に必要な自己昇降式作業台船(SEP船)、作業員を運ぶ輸送船(CTV)の事業展開を進めるとした。

 4月開設の秋田支店を核に営業体制の強化を図るほか「再生可能エネルギー事業をはじめ、船舶関連の人材育成、観光振興にも県と連携して取り組む」と述べた。

秋田の最新ニュース