チャレンジデー、横手市84・1% 北秋田市とともに優秀賞

会員向け記事
お気に入りに登録

 全国68市町村が住民のスポーツ参加率を競った「チャレンジデー2022」(25日実施)の結果がまとまった。秋田県からは全25市町村のうち17市町村が参加。このうち横手市が、昨年と比較して参加率が最も上がった自治体に贈られる「参加率アップ賞」、同市と北秋田市がそれぞれ人口規模の近い自治体のカテゴリーで参加率最高を記録し、「カテゴリー別優秀賞」に選ばれた。

笹川スポーツ財団のサイトより


 横手市の参加率は、昨年の0・1%から84ポイントアップの84・1%で、人口7万5千~16万人未満の「カテゴリー5」で最も高かった。1万5千~3万5千人の「カテゴリー3」では、北秋田市の参加率59・6%が最高だった。

同じジャンルのニュース