時代を語る・明石康(17)社交できりたんぽも

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ニューヨーク郊外で。(右から)長男、長女、家事手伝いの女性、妻と
ニューヨーク郊外で。(右から)長男、長女、家事手伝いの女性、妻と

 子どもが2人になりましたし、社交でお客さんを自宅に招く機会があるので、お手伝いさんに来てもらうことにしました。何人か代わりましたが、海外生活に関心のある秋田県の方を紹介してもらいました。秋田市やその周辺の出身者が多かったですね。

 社交で外国人を招く際は、日本の料理を食べてもらおうと、きりたんぽをごちそうすることがありました。日本人でも秋田の食文化を知らない人がいるので、お手伝いさんにお願いして、秋田の料理を出してもらいました。そうすると喜んでもらうことができ、うれしかったですね。

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース