JA全農あきた、秋田大に食材寄贈 100円定食などに活用

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
小林県本部長(左)から目録を受け取る山本学長
小林県本部長(左)から目録を受け取る山本学長

 新型コロナウイルスの影響で経済的に困窮する学生にバランスの良い食事を食べてもらおうと、JA全農あきたは25日、秋田大学に県産農畜産物計約450キロを贈った。食材は学内の食堂の「100円定食」などに活用される。

秋田大学で100円定食 コロナ下の学生支援、1日200食

同じジャンルのニュース