秋大のウクライナ学生受け入れ計画に応募60人 CF実施へ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田大学正門(資料写真)
秋田大学正門(資料写真)

 秋田大学(山本文雄学長)は16日、ロシアによる軍事侵攻が続くウクライナの学生を受け入れる計画に対し、定員(5人程度)を大きく上回る約60人から応募が寄せられていると明らかにした。また同日、研究者の受け入れ募集を開始するとともに、学生や研究者の生活費、渡航費などに充てる資金をクラウドファンディング(CF)などで募ることも発表した。

 支援を行うに当たり、学生1人に年130万円程度、研究者1人に年150万円程度が必要となるため、秋田大は寄付を呼びかけている。ホームページに特設ページを開設。特設ページで、CFや、学生支援のための「秋田大学みらい創造基金」への寄付を受け付けている。

秋田の最新ニュース