時代を語る・明石康(8)忘れられない演劇祭

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
旧制山形高に通っていた頃
旧制山形高に通っていた頃

 戦争が終わって日本は、社会も政治も根本的に変わっていく空気に満ちあふれていました。私は秋田を離れて旧制山形高(現山形大)に進みました。

 名物教員には、岩波英和辞典の編集に携わった英語の田中菊雄教授がいました。哲学者の小松摂郎教授も注目された一人です。

 戦後はマルクス主義(左派思想)が脚光を浴びて、研究者だった小松教授の講義にはたくさんの学生が集まりました。教室をのぞくと熱気がむんむんとしていました。私も一時期はマルクス主義を理解しようと、一生懸命に本を読みましたね。

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース