橋本がNHK杯2連覇 神本、土井が世界体操へ

お気に入りに登録

 体操の個人総合で争うNHK杯最終日は15日、東京体育館で男子が行われ、東京五輪2冠の橋本大輝(順大)が全日本選手権との合計257・793点で2年連続2度目の優勝を果たした。1・365点差で2位の神本雄也(コナミスポーツ)と3位の土井陵輔(日体大)が、既に選ばれていた橋本に続いてパリ五輪予選を兼ねる世界選手権(10~11月・英リバプール)代表に決まった。

 神本は2019年大会以来3年ぶりで、土井は初の選出。

 橋本はあん馬と鉄棒で計3度落下したが、圧勝した4月の全日本でのリードを生かして逃げ切った。