体操、17歳宮田初Vで代表入り 笠原、山田も世界選手権へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女子個人総合で優勝した宮田笙子の床運動=東京体育館
女子個人総合で優勝した宮田笙子の床運動=東京体育館

 体操の個人総合で争うNHK杯は14日、東京体育館で女子が行われ、4月の全日本選手権2位で17歳の宮田笙子(鯖江スクール)が初優勝し、世界選手権(10~11月・英リバプール)代表に決まった。2位に入った全日本女王の笠原有彩(レジックスポーツ)、3位の山田千遥(朝日生命ク)を含む3人が2024年パリ五輪予選を兼ねる世界選手権の切符を得た。

 全日本の得点を持ち点に4種目を演技。宮田は得意の跳馬や床運動で高得点を出し、全日本との合計160・029点で笠原を逆転した。

 残り2枠の代表は6月の全日本種目別選手権(東京)の結果も踏まえて決定する。