DOWA売上高、純利益ともに過去最高 金属価格上昇追い風

会員向け記事
お気に入りに登録

 非鉄大手のDOWAホールディングス(東京、関口明社長)は13日、2022年3月期連結決算を発表した。売上高は前期比41・5%増の8317億9400万円、純利益は133・7%増の510億1200万円となり、いずれも過去最高となった。自動車や情報通信関連製品の販売が堅調だったことに加え、円安ドル高を背景とした金属の平均価格上昇が追い風となった。増収増益は3年連続。

 営業利益は70・4%増の638億2400万円、経常利益は104・5%増の760億7300万円だった。

 事業分野別に見ると、秋田製錬(秋田市)や小坂製錬(小坂町)など本県に拠点を置く製錬部門の売上高は61・5%増の4556億1900万円。白金族などの貴金属や、亜鉛や銅などベースメタルの価格上昇が影響した。

秋田の最新ニュース