CS琉球戦、歴代ハピ担はこう見る 4代目から6代目まで

有料会員向け記事
お気に入りに登録

バスケットボール男子Bリーグのチャンピオンシップ(CS)は、13日いよいよ開幕。歴代の担当記者が思いをつづる本企画は後半の4~6代が登場する。

【4代目】大原進太郎・角館支局長(38) 琉球、相手に不足なし


2014~16年シーズンを担当。直前の13~14年シーズンにbjリーグで初の有明進出を果たし、あと一歩のところで頂点を逃したハピネッツにとって、もう優勝以外に喜べる結果はなくなっていた。

【5代目】小松田直嗣・社会部司法キャップ(37) ベンチメンバー奮起を


担当したのはbjリーグ最終盤2016年4月からの3年間。Bリーグの開幕、B2降格、B1昇格という激動期を追い掛け続けた。

【6代目】加藤倫子・デジタル編集部記者(33) 窮地でも執念燃やせ


あの古川が秋田に来る―。
そんな大ニュースを耳にしたのは、2019~20年シーズンのストーブリーグだった。2年余りに及ぶ担当は始まったばかり。プレッシャーと緊張感に震えた。

秋田の最新ニュース