能代松陽、大館桂桜など3回戦へ 春季東北高校野球県大会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【湯沢―能代松陽】5回を4安打無得点に抑えた能代松陽の齋藤=こまちスタジアム
【湯沢―能代松陽】5回を4安打無得点に抑えた能代松陽の齋藤=こまちスタジアム

 第70回春季東北高校野球県大会(県高野連主催、秋田魁新報社など後援)第2日は7日、秋田市のこまちスタジアムなど4球場で2回戦8試合を行った。第1シードの能代松陽は湯沢に快勝し、第2シードの大館桂桜は男鹿工を下した。第3シードの大曲工は秋田南に逆転勝ちした。8日は4球場で2回戦8試合を行う。

 ▽2回戦
能代松陽  8―0 湯沢
(七回コールドゲーム)
秋田商   8―1 由利工
(七回コールドゲーム)
本荘    4―1 秋田
大館鳳鳴 16―0 海洋・西仙北・太田・六郷
(五回コールドゲーム)
大曲工   9―5秋田南
明桜   10―3 横手清陵
(七回コールドゲーム)
大曲農   5―2 増田
大館桂桜 10―4 男鹿工

各試合のイニングスコアはこちらから
春季高校野球県大会特集ページ

組み合わせ

秋田の最新ニュース