あきた洋上風力最前線:「浮体式」の現場から(2)経済効果 地元企業の雇用増える

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 長崎県五島市は洋上風力発電だけでなく、太陽光発電の導入も積極的に進めている。市内の再生可能エネルギーによる発電量は9339万7千キロワット時(2020年度実績)。市内の消費電力に占める割合は56・3%に上り、地元で必要な電力の半分以上を再生エネで賄っている。

イー・ウィンドの社内で風車の遠隔監視について説明する橋本社長

 脱炭素社会の実現に向けた機運が国内外で高まる中、市は二酸化炭素(CO2)を排出しないクリーンエネルギーに恵まれた地域特性を前面に打ち出し、まちづくりを推進。再生エネ関連産業の集積や人材育成を通じ、雇用創出や所得向上を目指す。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース