秋田市、明徳館周辺を歩きやすく 駐輪場の壁撤去や段差解消へ

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
コンクリートの壁に屋根をかけた明徳館の駐輪場。9月までに撤去し、歩行者が敷地内外を往来しやすくする方針
コンクリートの壁に屋根をかけた明徳館の駐輪場。9月までに撤去し、歩行者が敷地内外を往来しやすくする方針

 秋田市のあきた芸術劇場ミルハスやきららとしょかん明徳館がある一帯では市が歩行者の歩きやすい環境づくりを進めている。明徳館の駐輪場の壁や屋根を今後撤去し、隣の市文化創造館と往来しやすくする。歩道と車道との段差や、歩道の傾斜を解消する工事も進行中だ。

 明徳館の駐輪場はコンクリートの壁で区切った堅固な造りで、敷地の内外を隔てる塀のようになっている。屋根は老朽化が進んでいるという。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース