鶏や卵の搬出制限を解除 大仙市の鳥インフル

会員向け記事

 秋田県は1日、高病原性鳥インフルエンザが発生した大仙市の養鶏場から半径10キロ以内から域外への鶏や卵の搬出制限を解除した。県によると、搬出制限区域内に他の養鶏場はない。新たな発生がなければ12日に移動制限も解除し、感染拡大の封じ込めに向けた一連の対応を終える。

 県によると、発生養鶏場での採卵鶏374羽の殺処分や鶏舎の洗浄、消毒などの防疫措置は先月19日に始まり、20日に完了。それから10日間が経過したため、搬出制限を解除した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース