ニュースの「つぼ」:Bリーグチャンピオンシップ

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 昨年10月に開幕したバスケットボール男子Bリーグ1部(B1)が大詰めを迎える。8日にレギュラーシーズンを終え、12日から8チームで争うプレーオフ、チャンピオンシップ(CS)に入る。東地区の秋田ノーザンハピネッツは初のCS出場へ可能性は残すが、情勢は厳しい。

 B1は東西両地区各11チームで構成。60試合のレギュラーシーズンを戦い、CSに進めるのは両地区各1~3位と、残る16チーム中勝率上位2チーム(ワイルドカード)だ。トーナメントで争い、準々決勝から決勝まで2戦先勝方式で行われる。組み合わせは、レギュラーシーズンの成績を基に出場8チームを順位付けし、上位ほど有利に設定される。

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース