秋田市のごみ収集車で出火2件 スプレー缶「使い切って回収箱へ」

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
ごみ収集車から火が出た現場=12日、秋田市東通
ごみ収集車から火が出た現場=12日、秋田市東通

 作業中のごみ収集車から火が出る騒ぎが、先月と今月に相次いで2件、秋田市で発生している。いずれも資源化物用のごみ袋に混入したスプレー缶が原因とみられる。市環境都市推進課は「誤ったごみの出し方をすると、火災につながる恐れがある。スプレー缶はしっかりと使い切ってから回収箱に入れてほしい」と呼びかけている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース