PCR検査でも鳥インフル陽性 大仙市の養鶏場、処分へ

※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は19日、大仙市の養鶏場で鶏が死んだことを受けて高病原性鳥インフルエンザのPCR検査をした結果、陽性だったと発表した。

 この養鶏場では鶏400羽を飼育しているが、国の防疫指針に基づき全てを処分する方針。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース