白神入山者2万6656人 外出自粛の影響、2年連続減

会員向け記事

 環境省東北地方環境事務所(仙台市)は15日、秋田、青森両県にまたがる白神山地の2021年度の入山者数が2万6656人だったと発表した。前年度比1561人(5・5%)の減で、減少は2年連続。新型コロナウイルスによる外出自粛の影響が続いているとみられる。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース